交通事故に遭う

どうして人はお金を借りるのか?人生に計画性を持たせよう!

交通事故に遭う

それから、交通事故に遭ったんです。
キャバクラに行けなくなって、バイト代は入らないし、お金も返せないし・・・私の借金ばれるのは時間の問題でした。
その頃は、キャバクラ勤めの収入があったから、50万円でも借りることできたんです。
50万円の借金、バイトいけない、怪我してる。最悪でした。
もっと最悪だったのは親バレ。
父親にはじめて平手打ちされたんですけど、ショックもなくて、叩かれたことに苛立ちを感じでいたかな。
借金すること、親に黙ってキャバクラでバイトしていたこと、学校もさぼっていたこと・・・すべてを怒られましたよ。
見た目もギャル系になってて、超が付く茶髪にメイク派手派手で、素顔の想像付かない人になってました。

 

結局、親も私の学費を奨学金制度を利用するくらいですから、お金がなかったみたいで50万円も祖父が出してくれて借金返済して貰いました。
好き勝手やって、借金返してもらって、ラッキーくらいにしか思ってなく。
考えていたことは、もっと時給のよいキャバクラないかな?ってことで、求人誌みたりして必死に探していましたよ。
本当は女子大生だったんですけど、大学は辞めたいって思ってました。勉強する気もなかったし、適当にバイトでもいいかななんて。

ホーム RSS購読 サイトマップ